ブラック企業大賞を受賞した会社で働いていました。

ブラック企業で働いていました

僕は昔、ブラック企業の代表と言われている

ある会社で約3年間働いていました。

 

僕が働いていたのは約6~7年前ほどなので

今とは大分環境は変わっているはずですが、

その当時でどれぐらいブラックか説明します。

 

休みは週に1日あるかないかぐらいで、

店長になってからは3ヶ月ほど

全く休みがないときもありました。

 

店の売上が目標にいかないときは

人件費を抑えるためアルバイトには休んでもらい、

固定給の店長である自分が休まず働いていました。

 

決められた人件費を超えると怒られますし、

評価に響きます。

 

ようやく休めたと思ったらお店で働いている

社員やアルバイトから電話がかかってきて、

「とても忙しいのできてください」

と言われれば行かざるを得なかったです。

 

そのため遠出はできず、

でかけるとしても店から遠く離れた場所にはいけなかったです。

 

奴隷になれという会社の理念

「お客様の奴隷になれ」

と言うような会社なので

クレームをもらうと激しく怒られます。

 

なので休みの日も営業が気になり、

心身ともになかなか疲れはとれなかったです。

 

労働時間としては1日大体12~17時間労働でした。

 

それはお店の営業のための労働時間で、

他にも朝7時からの研修、ミーティング、

他店舗の清掃など営業時間外に使う時間が

とても多かったです。

 

プライベートな時間はほとんど皆無。

 

常に睡眠不足だったのでよく体調も崩し、

1度肺炎になりました。

 

不幸中の幸いで軽い肺炎だったので、

休まずに働きました(笑)

 

長時間労働ですが給料は高くはないです。

店長で400万前後ぐらいでした。

 

家は会社がアパートやマンションを用意してくれました。

会社が借りて半額は負担してくれるので、

家賃の半額分を払う形でしたね。

 

まあ激務だったので、

社員の入れ替わりは激しかったです。

 

僕は新卒で入ったので他の会社と比べると

どれぐらいブラックなのか比較はできなかったのですが、

転職して他の会社で働いてみて、

どれだけブラックだったのか認識できました(笑)

 

修行の場としては最適です

しかし、別に会社を恨んでいるとか

入らなければよかったとは思いません。

 

人間的にも成長できましたし、

仕事に対する姿勢や自分で限界を決めないことも

学ぶことができました。

 

若い時の修行の場としてはよかったです。

 

働いている社員もそれぞれ夢や目標をもって

よい人たちが多かったです。

 

あの時の経験があるからこそ、

いまがあると思っています。

 

ブラック企業といっても、

人ぞれぞれ捉え方は違うはずです。

 

ある人にとってはブラック企業でも

ある人にとっては優良企業かもしれませんので。

 

世間で言われているブラック企業とは

こういうもんなんだなという意味で参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブラック企業を辞める方法とは

PS

せどりに関するメルマガを書いています。

 

ブラック企業を辞められない理由の1つとして

生活のことがあると思いますが、

自分で収入を生み出す力を身に付ければ

心置きなく辞めることができます。

 

会社が嫌になって辞めると決意したとき、

収入面で困ることがないように自分で稼ぐ力を身に付けておきましょう。

 

他の記事はこちらに書いています。

他の記事はこちら

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします!