せどりの教科書を無料プレゼント中です!(動画70本以上)

※規定数に達し次第、無料プレゼントキャンペーンは終了します。

せどりの情報発信は心意気が大事

    どうも、モロミです。

    最近はせどりから情報発信という流れで

    進んでいく人が多いですが、

    先日こんな質問をもらいました。

     

    情報発信はなにを書けばよいのか

    「情報発信をしたいと思っているのですが、

    自分のもっているノウハウが役にたつかわからないし、

    皆が興味をひく面白い記事を書ける自信もありません」

    というような内容です。

     

    役に立つ情報やノウハウ、

    そして面白いというのは受け手側が決めます。

     

    ある人にとってはすごく役に立つ内容なのに

    ある人にとっては当たり前の内容。

     

    ある人にとっては面白い内容でも

    ある人にとっては興味もそそられない内容。

     

    世の中色々な人がいて価値観もバラバラです。

     

    読んでいる人全員に受け入れられようとしなくて

    いいんです。

     

    この情報は見ている人にとって役にたつだろう、

    また面白いと思ったらそのまま書けばいい。

     

    それで自分のブログやメルマガを読みたいと思う人に

    読んでもらえればそれでいいじゃないですか。

     

    万人に受け入れられるということはない

    100人中100人に受け入れられることは絶対にないです。

     

    でも必ず必要なのは読んでいる人の役にたちたい、

    もしくは楽しませたいと思う心意気です。

     

    この心意気がとても重要だと僕は思っています。

     

    僕は若かりし頃、

    合コンで必ずといっていいほどすべらない話をしていました。

     

    しかし、9割ぐらいの確率ですべります(笑)

     

    でも僕はすべっていいと思って話をしていました。

     

    話を聞いている女子に

    「この人は私たちを楽しませようとしているんだな」

    という心意気が伝わればそれでいいんです。

     

    そして大抵すべり芸みたいになって盛り上がります。

     

    この心意気なんですよ、大切なのは。

    楽しませようと思わないと盛り上がりもしません。

     

    それと同じで読んでいる人の役にたちたい、

    楽しませたいとみじんも感じない発信は誰も読みたくないですよね。

     

    記録よりも記憶に残ろう

    あと、これからは記録よりも記憶に残ることが重要です。

     

    いまは月商1000万、2000万せどらーですって

    言っている人いっぱいいるじゃないですか。

     

    たしかにすごいです。

    簡単に達成できる数字じゃない。

     

    すごいけどもうそういう人はいっぱいいるので

    印象にも記憶にも残らない。

     

    今はどうやったら読んだ人の印象に残るか。

    それが重要だと思います。

     

    昔の巨人でいうと王より長嶋を

    目指したほうがよいということですね。

     

    せどり業界と言われているところでいうと

    クラスター長谷川や伊集院亜夢さんはいい例ですね。

     

    せどりに関して特にすごい結果をだしているわけではないけど

    すごく印象に残る。

     

    クラスター長谷川はヒーローいう設定だし、

    伊集院亜夢さんのブログは下ネタだらけ(笑)

     

    誰一人としてそういうことをやっていないからこそ

    記憶に残るわけです。

     

    このお二人はちょっと極端な例かもしれませんが、

    読んでいる人のことを思う心意気と記憶に残ることを

    意識して発信していけばそれでよいです。

     

    PS

    これは自己紹介するときでもそうですよね。

     

    いかに名前を覚えてもらえるか

    記憶に残せるかは重要です。

     

    記憶に残らないということは

    存在していないのと一緒ですからね。

     

    何も思いつかない場合は服を脱ぐなり

    下手くそなパントマイムするなりしたらいいんですよ。

     

    ちなみに僕はいざというときのために

    下手くそなモノマネが10個ほどできます(笑)

     

    こちらの記事も参考にしてみてください。

    無料レポートがしょぼいとどうなるか

     

    PPS

    ブログでは公開できない情報をメルマガで配信しています。

    より有益な情報を得たい方は、

    メルマガに登録しておいてくださいませ。

    ルマガ登録はこちら

      この記事やブログが役に立ったら「いいね!」をお願いします!

      LINE@をやっております。

      登録されたかたには、
      「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

      LINE@限定情報も配信しておりますので、
      登録してみてくださいね。

      友だち追加数

      ※規定数に達し次第、無料プレゼントキャンペーンは終了します。

      22

      お気軽に友達申請してください★

      4件のコメント

      • イノチャンティ

        こんばんは。イノチャンティです。

        記録よりも記憶…。
        確かに、今フッと思い返すだけでも
        年収○○○○万円の人は浮かびませんでした。

        誰かの頭に残れる存在。
        早くそこにたどり着こうと思います!
        応援していきますね。
        また遊びに来ます!

        • これからは月商、月収自慢はこれからは意味がないような気がしますね。
          お互いに記憶に残れる存在になれるよう頑張りましょう。

      • モロミさん

        こんにちは。
        マーライオンと申します。

        >100人中100人に受け入れられることは絶対にないです。
        >でも必ず必要なのは読んでいる人の役にたちたい、
        >もしくは楽しませたいと思う心意気です。

        そうですよね。
        自己満足じゃないですけど
        自分も納得できることを書いていけばいいんですよねo(^o^)o

        勉強になりました。

        応援ポチッとしていきます⊂(^・^)⊃

        • コメントありがとうございます。
          おっしゃるとおりですね。
          自分が納得したことを発信すればよいと思います。

      コメントを残す