無料メルマガ登録で「せどりの教科書」をプレゼント中!


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

アマゾン出品者ロゴについて

Amazon上で商品の出品者の店舗名が

一覧ででるのですが、

「文字表記」と「ロゴ表記」の出品者にわかれます。

 

あれは「ロゴ表記」がいいです。

 

なぜかというと、

1,文字表記より目立つ

2,文字表記より信頼感がある

などのメリットがありますが。

 

またロゴ表記だと詳しい出品者情報が

店舗名をクリックするだけでは表示されないです。

 

文字表記は店舗名をクリックすると、

詳しい出品者情報がでます。

住所、名前、電話番号、評価などがでてくるわけです。

 

 

しかし、ロゴ表記は1クリックでは表示されません。

 

表示されないことにより、

何か質問があるとお客さんから

直で電話が来る可能性も低くなります。

 

いきなり電話かかってきても対応できないときもありますからね。

 

このサイトでロゴが作れます。

ロゴジェネレーター

30分もあれば作れます。

ロゴのアップの仕方はアマゾンのセラーセントラルに

載っていますのでごらんください。

 

 

ロゴ表記にすることによって

劇的に売上があがるわけではないですが

文字表記よりメリットのほうが大きいので

ぜひロゴ表記にしましょう。

 

 

ロゴ作成方法&アップロード方法を

動画で解説しました。

 

PS

どんな名前がいいかというと

シンプルな方がいいのではないでしょうか。

色々な店舗名を見て参考にしてみてください。

 

PPS

アマゾンで大口出品者は「特定商取引法に基づく表示」

が義務付けられていて、店舗責任者、

住所、電話番号などちゃんと明記しないと、

アカウントの停止の恐れもあるのでしっかりと明記しましょう。

 

停止になったら恐ろしいことになりますからね。

販売もできなくなりますし、

アマゾンから売上の入金も止まってしまします。

決まり事は守っていきましょう。

 

こちらの記事に出品者情報の記入方法が

乗っています。

アマゾンで販売する際の出品者情報の記入方法

 

 

アマゾンのアカウント停止については

こちらに書いています。

アマゾンのアカウント停止について

 

 

PPPS

プロ野球の話になるのですが、

まーくんの22連勝すごいですよね。

一緒に甲子園を沸かせた斎藤佑樹投手も

頑張ってほしいです。

 

あと個人的に横浜DNAは

クライマックスシリーズいって欲しいですね。

 

PPPPS

ブログでは公開できない情報を

メルマガで配信しています。

 

より有益な情報を得たい方は、

メルマガに登録しておいてくださいませ。

メルマガ登録はこちら

 

 


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@をやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

コメントを残す