せどりの教科書を無料プレゼント中です!(動画70本以上)

※規定数に達し次第、無料プレゼントキャンペーンは終了します。

せどり教材やコンサルを売ることで救われる人がいる

    モロミです。

    先週、沖縄の久高島で人生で初めて

    電動自転車に乗りました。

     

    その島でレンタルされていたからですね。

    あれはすごい楽です。

    坂道を負担なしでいけます。

     

    よく主婦のかたが電動自転車に

    子供を乗せているところを見ますが、

    理由がよくわかりました。

     

    ちなみに久高島は神の島と呼ばれ、

    パワースポット的な島ですね。

     

    神の島で電動自転車に乗るのは風情がないなと

    乗っている途中に思いました笑

     

    では、本題です。

     

    情報発信をしているコンサルメンバーと話していて、

    よく相談されることがあります。

     

    それは、

    「売るのが怖い」

    ということ。

     

    売るのが怖いというのは、

    コンサルなり教材なりですね。

     

    それも高値であればあるほど、

    怖いと言います。

     

    その気持ちはよ~くわかります。

    それは、以前の僕もそうでしたから(笑)

    色々な不安があり怖いですよね。

     

    「本当に売れるのか?」

    「この値段で売っていいのか?」

    「嫌われたりしないのか?」

    「2chで叩かれないか?」

     

    やはり、そういう気持ちは誰しもがあると思います。

    俗に言うメンタルブロックというやつですね。

     

    そのメンタルブロックに言えることは一つで、

    「自信もって売れる商品なら躊躇せずに売るべし」

    ということ。

     

    自分が売ることにより、

    人生がよりよい方向に変わる人がいるからですね。

     

    「あの教材のおかげで売上利益があがりました!」

    「モロミさんのおかげで稼げるようになりました!」

     

    こういうことを言われて思うことは、

    全力で売ってよかったということ。

     

    ビビって躊躇していたら、

    よい方向に変えられた人の人生が

    そのままだった可能性もあるわけです。

     

    なので、

    「これは読者にとって絶対にいい!」

    と思う商品はガンガン売っていったほうがよいです。

     

    逆に自信をもって売れないのなら、

    売るべきではないです。

     

    その商品に自信がもてないっていうことは、

    購入した側もがっかりする確率が高いということですから。

     

    2度と自分から購入してもらえなくなります。

     

    自分の利益や横のつながりを優先して

    自信がもてない商品をバンバン売り、

    消えていく人はいっぱいいますので

    気を付けていきましょう。

     

    PS

    どんなに真っ当なビジネスをやっていても、

    2chで叩かれることはあります。

     

    でも、それはすごいことですからね。

    それぐらい目立っているということですし、

    誰しもができることではないです。

     

    そうは言っても叩かれるのは

    いい気持ちはしないですが笑

     

    PPS

    かなり久しぶりに無料レポートを作成し、

    メルぞうにだしました。

    sdorimaster

    しかし、読者さんにはメルぞうに

    登録してくださいとは言いません(笑)

     

    「せどり初心者講座」に登録すると見ることができます。

    せどりの基礎的なことが学べるサイトにしましたので、

    参考にしてみてください。

     

     

      この記事やブログが役に立ったら「いいね!」をお願いします!

      LINE@をやっております。

      登録されたかたには、
      「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

      LINE@限定情報も配信しておりますので、
      登録してみてくださいね。

      友だち追加数

      ※規定数に達し次第、無料プレゼントキャンペーンは終了します。

      コメントを残す