無料メルマガ登録で「せどりの教科書」をプレゼント中!


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

せどりツアーの思い出!情報発信者はせどりツアーをやるべし

メルマガを始めたのが

2013年4月ぐらいからなので、

もうすぐ4年になります。

いや~、早い。

 

最初の4カ月ぐらいは

せどりコミュニティを作ってメルマガで募集して、

そのコミュニティ内でマンツーマンのせどりツアー

ばかりをやっていた気がします。

 

せどりツアーは正直なところ、

毎回結構なプレッシャーでしたね。

 

せどりのやり方を

知ってもらうためのツアーなのですが、

やはり利益がとれる商品が見つからないと

恰好がつかないわけなんですよ。

 

しかも、毎日のように同じ店でやっていると

商品も枯れてきますからね。

なのでツアー当日は毎回ドキドキもんです。

 

ツアーをする中で、

一緒に回ったかたはほとんどがいい方々でしたが、

なかにはきついな~という人もいました。

 

きついというのは性格的な問題以外も

含めてです。

 

例えば、一緒に回った方でかなり声が大きい人がいました。

 

某大型家電量販店でせどりツアーをしていて、

至近距離にも関わらず

「モロミさん、これ、結構利益とれますね!

いけるんじゃないですか!いけますよね!」

と大きな声で言われるわけです。

 

目立ちまくりで店員さんの視線が常に痛い。

 

「もうちょっと声をおさえてもらってもいいですか」

と言っても5分後には、

「モロミさん、これもいけるじゃないですか!

いけますよね!いっちゃいます!」

と同じトーンで言うという・・。

 

はがねのメンタルの僕でもきつかったですね。

40代ぐらいのおじさんでした。

 

あと他の方でも一緒に回って

きついなというかたがいましたね。

 

「この商品、価格交渉してみましょう」

といって交渉のやり方を教えたのですが、

かなりの喧嘩腰で店員に交渉するんですよ。

 

「これ、この価格でいけない?いけるだろ!なー!」

というようなことを言うわけです。

 

「いやいやいや」とすぐに止めましたが、

喧嘩腰で交渉してもうまくいくわけがないですし

不快にしか感じません。

 

しかも知っている店員だったので

かなりの冷や汗をかきましたね笑

そのあとはひたすら謝りました。

 

このかたも40代ぐらいのおじさんです。

 

今までの流れを見ると、

「せどりツアーやりたくない・・・」

と思うかもしれませんが、

情報発信者は経験したほうがよいですよ。

 

教えることで自分の知識、

ノウハウも深まりますし、

参加者から学ぶこともたくさんあります。

 

知らないことを教えてもらうということも

多々ありましたね。

 

どういう人が自分の読者なのかを知る

いい機会でもありますし、

関係を深めるという意味でも

いい効果があります。

 

何事も経験です。

 

では!


※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します

LINE@をやっております。

登録されたかたには、
「売れた商品100リスト」をプレゼントしております。

LINE@限定情報も配信しておりますので、
登録してみてくださいね。

友だち追加

コメントを残す